<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# SNSに載せない、自由帳の話。

 

こんにちは。たけのこスカーフ(@takesuka)です。

3月の半ば頃から、文房具店に行くと
レジに行列が出来るほど混んでいて
並ぶひとのかごの中には、新学期で使うと思われる
ぴかぴかの筆記用具がたくさん入っていて
ああ、いいなあといつも思っていました。

 


真新しいノートに名前を書いたり
手の切れるような、ぴんとした教科書を
ぱらぱらめくった微風のにおいをかいだり
地味だけど、ひそかな楽しみだったあの時間が
自分にはもう二度とないのかと思うと、すこし寂しいものです。

 


そしてふと、大人の自分にも
自由帳がほしいなと思いました。

小学校低学年の頃は、学校でくばられるノートの中に
決まって自由帳がありました。
白鳥の写真が表紙で、中身はまっしろの無地。
「何をかいたらいいんですか」と先生に聞いたとき
「何をかいてもいいんだよ。すきなものたくさんかいてね。」
と言われたとき、目の前がぱーっと広がるような
きらきらした気持ちになった。
ああいう気持ちをまた味わいたいです。

 


ふだん使っている手帳の
to doリストや、スケジュールなどなど
手帳の四角いマスの中でぱっきり管理していることから
ぼーっとしてるとこぼれちゃうような
書いても書かなくてもどっちでもいいことを書きたい。

しょうもないアイディアとか
twitterを見ていて気になった本や食べ物とか
ぐちゃぐちゃ気にせず書けるノートがあったら
なんだか、とっても楽しそうと、おもいました。

 


そこで、いままでは旅のおともとして
一年に数回の出番しかなかった
トラベラーズノートをひっぱりだして
茶色の皮カバーにまっしろのリフィルをセットしたら
少しだけずっと昔に味わった、
ぴしっとした新学期な気分になって
なんだか、それだけで嬉しくなりました。

 


いざ真っ白な紙面に向き合うと
何を書いたらいいのかわからなくなるのですが
ぎくしゃくしたまま、無理やりにでも
埋めていると、ふっと緊張が解けて筆がすすむ瞬間が来て、
段々と、ざくざく気軽に書けるようになります。

 

 

仕事するときも、ネットしてるときも、
ゲームしたり、やすんだり、猫とあそんでるときも
ずっと自由帳をそばに置いて何でもメモしまくると、
ちょっとだけ頭を動かしやすくなるような気がしました。
ぎしぎしした、頭の歯車に油がさされるかんじ。
ただ、頭の中だけで考えるよりも
紙の上で補助線を引きながらのほうが、考えやすい。

 


Twitterをしていて、このことをつぶやくこうかな、
どうしようかな。とちょっと迷うときとか
一度、紙の上でぐちゃぐちゃメモしながら
考えをまとめてみたり。
大好きなものを、てきとうな線でざくざく描いてみたり。
自由帳があるって、すごくすごく楽しい。

 


このノートは、基本的にはSNSなどに載せずに
誰にも見せないつもりで書いているので、
きれいなレイアウトを考えなくてもいいし
ざくざく走り書きしてもいいし、
逆に自分のためだけに、
うっとりするほど綺麗なインクで書いてもいいし
とてものびのび使っています。楽しいことや
くだらない思いつきを、どんどんよそう
お茶碗のような気持ちで、がしがし使ってゆきたいです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ランキングに参加しています◎ ↓
クリックで応援してもらえたらうれしいです!
にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
にほんブログ村

| comments(0) | - | 16:51 | category: 手帳について |
プロフィール
profile
身の丈の範囲で、
たのしく暮らす工夫をしたい
イラストレーターの
ブログです



・instagram:@takesuka

・本館:ミミノコルーム

・以前のブログはこちらです。
Wish List
最近の投稿
コメント
twitter
Wish List
Search this site
Sponsored Links